ブログ

ブログ

体が冷えると水が毒に変身?

水毒だから冷える?冷えるから水毒?


身体の冷えの原因は季節によるものばかりではありません。


水がになってしまう・・・水毒

なぜ毒になるのか???

 

よどんでます・・・↑(T ^ T)

水毒とは・・・まさにこの写真のように、よどんでしまった水です。

体内を循環しているはずの水の流れが止まり、
溜まってしまっている状態のことです

 

 

いくつ当てはまりますか?
水毒の症状

  • 朝、顔がむくむ
  • 胃がちゃぷちゃぷする
  • 体のむくみ
  • 手足の冷え・下痢
  • 頭痛・立ちくらみ・めまい
  • 二日酔い・乗り物に酔いやすい
  • 湿疹・虫刺さされが治りにくい
  • 痰・口の渇き・尿の回数及び排尿量が少ない
  • 花粉症・鼻水・嘔吐・吐き気
  • 貧血・耳鳴り・めまい・熱中症
  • 疲労感・不眠・精神疾患・自律神経の乱れ
  • ポッコリお腹・二重あご

東洋医学では体内で水分が滞る
一部に偏って溜まりバランスが崩れている
そのような状態を
毒】と考えます。

 

 

からだの70%は水分で出来ていると言われています

 

美容や健康のためにも水分を多く摂ることをテレビや雑誌などでも言われています。

その水分の行方を、イメージして見てください!


摂取したその水分は体内を巡って行きます。
そして、その水分は体の中のと一緒に汗や尿となって排出されます。

 

体の中に、余分な水分が溜まれば、排泄されます。

 

でももし、
美容と健康のために摂取した水分が
排泄されずに身体の中に溜まってしまってしまったら・・・
様々な病気の原因となり、不調を感じるようになります。

 

水毒のメカニズムは、
巡りが悪いことが原因で、体内に余分な水分が溜まってしまうということです。

そういう場合、摂取した水分は、毒になりえるということです。

水そのものが悪いというわけではないのです。

 

体内の水分代謝は、年齢と共に不安定になっていきます

 

細胞の中の水分、
細胞の外にある水分

 

細胞の外に水分が過剰にあるむくみという現象で現れます。

 

年齢とともに水分代謝が悪くなるので、
若い人に比べて、歳をとると、むくみが強くなったり
脱水症状を起こしやすくなります。

脱水状態の血はドロドロなので、血管も詰まりやすくなります。


そのほかにも、リウマチや花粉症水毒が原因だとされています。
東洋医学では、水毒が様々なアレルギー症状を引き起こしていると考えられています。

 

 

巡りが悪くなる=余分な水分が溜まる=水毒
水毒の主な原因

 

身体の冷え
水の飲み過ぎ

筋肉量の低下
環境
食事

基礎体温が低い(36℃以下)


体温
1℃下がると
免疫力30%以上低下
代謝12%低下すると言われています。

 

健康な人の基礎体温はおよそ36.5℃

 

36.5~37℃の体温が細胞の新陳代謝が最も活発になるため、
免疫力が高く病気になりにくい状態です。

35.5℃を下回ると
代謝機能低下・排泄機能低下になります。

よって
体内の余分な水分排泄機能も低下するので、水毒状態になります。

 

トイレでの1回の排尿量が少ない
または行く回数が少ない(3~4回/1日)

健康な人は1日に8回程度トイレに行きます。

尿は、
体の中で産生した老廃物や、口から摂取した水分を体外へ排出する役目があります。

尿の量が減ると体内の水分が増えてむくんだり
老廃物が留まることにより疲労感が取れず全身がだるくなったりなどの症状が出てきます。

尿の量と回数が極端に少なくなった場合は、
背後には重大な病気が隠れている可能性もあるので注意が必要です。

 

汗をかきにくい

 

人は1日に身体に取り入れる水分は約2.3リットルで、
身体から出す水分は約2.3リットルと言われています。

 

デスクワークが多く、
夏でもクーラーの効いた室内で過ごしている人は
汗をかくことが少ないです。

 

暑い時期には汗を出して体内の温度を調節しています。

 

今はどこでもクーラーが付いている環境になっていますから、
本来行う体内の温度調節機能が働かなくなっている人が多くいます。
その場合だと、
1日に2リットルの水分を排出していない可能性があります。
水分を摂り過ぎているのに、排出する水分は減っているのであれば、
身体に水が溜まってしまうのも仕方ありません。

 

私たちが身体に取り入れる水分は飲み物だけではありません!

・飲み物
・食べ物
・食べ物を分解してエネルギーに変えるときに体内で発生する代謝水
・意識せずに身体に取り入れている水分

 

2リットルの水分を飲み物から摂取しようとすると、
それでは2リットル以上の水分を摂取することになり、水分の摂り過ぎになってしまいます。

 

健康のために飲んでいるはずの水が、
時には毒になってしまうことがあります。

水が必ずしも身体に良いものだとは限りません。
水分なら何でもいいわけではありません!

基本は
”常温のミネラルウォーター”が一番です。

 

ジュースやスポーツドリンク、炭酸飲料などの糖分が多いものはNG
コーヒーやお茶類は、体を冷やしたり腎臓に負担をかけたりしてしまうので水分補給には向きません。
あくまで嗜好品として捉えてください。

緑茶は身体を冷やし紅茶は身体を温めます。
ハーブティなどはカフェインフリーのものやオーガニックのものが多く、
体を温める作用があるのでおすすめです!
よもぎ茶など肝臓にもいいのでオススメします!

 

◆1度の水分補給は100ml~200mlにしましょう。
こまめに摂るようにしましょう。

◆一度にたくさんの水分を摂ると、
胃液が薄まり消化不良の原因になります。

◆一気に流し込むような飲み方はNG
1口ずつ、ゆっくりと飲むことで、飲みすぎて冷えを招くようなことも少なくなります。

 

身体が必要としている分を必要な時に飲むのが大切です。
のどが渇いた時や入浴前・寝る前などの水分が奪われそうなときに水分補給しましょう。

 

筋肉量が少ない

 

デスクワークや車での移動などで座りっぱなしの人は下半身の筋肉がどうしても衰えてしまいがちです。
下半身には、身体の約70%もの筋肉が集中していています。
足がむくんでしまうという人は、下半身の筋肉が衰えている証拠でもあります。


 

水太りの原因でもあるむくみ・・・
老廃物だらけの水分を放置していると、
それが脂肪細胞に吸収され、醜い脂肪の塊セルライトになってしまい
簡単には落とせなくなってしまいます。

 

重力のせいで自然と下半身には水分が溜まりやすく
下半身の筋力が衰えていると、
その水分を全身に巡らせることが出来ないため筋力はとても重要となります。
筋力が低下すると血のめぐりも悪くなり
体温が低くなります。
冷えの症状が出るのは納得です。

 

内臓の動きも悪くなることで
老廃物を排泄する腎臓の動きも悪くなるので水分や老廃物は体内に停滞します。

血行不良は腎臓の機能低下にもつながり、
尿の出にくい身体になってしまいます。

 

水毒の改善に大切なこと

  • 水の過剰摂取をしない
  • 余分な水を出す
  • 身体を温める

 

お風呂をシャワーで済ませてしまう人は、きちんと湯船につかるようにしましょう。

湯船につかることで体が温まり、余分な水分を身体から汗として出したり
血液の循環をよくしたりと身体に良いことばかりです。


この動画見てたら、湯船につかりたくなったでしょ!!!?😁
とにかくシャワーで済ませてしまう人は10分でいいので、ぜひ湯船につかってくださいね。

 

運動しましょう。
30分程度のウォーキングからでも始めましょう!
じんわり汗をかけばOKです。

だらだら歩かず、やや速足で大きめの歩幅で歩くことで、体の筋肉を刺激して汗をかきやすくなります。

無理に運動する時間をとらなくても、
電車移動の時など、一つ前の駅で降りて歩いたり、
車の時は、少し遠くの駐車場に止めて歩いたり、歩く時間を見つけてくださいね。

わざわざ筋トレをしなくても、日頃から体を動かすようにするだけでも筋肉は鍛えられます。

 

日頃から気を付けること

◉座りっぱなしにならないようにこまめに動く

◉背筋を伸ばして歩く

意識して身体を動かすようにするだけでも、
何もしないよりは筋肉を使います。

氷がたくさん入ったジュースではなく温かい飲み物を選びましょう。
それが無理なら、せめて「氷抜き」にしましょう。

また、様々な食材に入っている砂糖も身体を冷やしてしまう作用があるので、
お菓子や砂糖の多い飲み物の摂り過ぎには注意が必要です。

 

ツボを刺激して余分な水分を排出!
水毒を出すツボ押し

水分を身体から出すツボをご紹介します。


水毒を出すツボ

  • 湧泉(ゆうせん)
    足の裏にあるツボで、
    土踏まずのやや上の中央、足の親指と人差し指の骨の根元
    腎臓の代謝に関わり、ムクミ解消に。
  • 豊隆(ほうりゅう)
    足の脛の中央の高さにあり、骨から指2本分外側のところにあるツボ

    からだの水のバランスが崩れている水毒タイプに有効です
  • 陰陵泉(いんりょうせん)
    足を伸ばして指で脛の内側の骨を上へさすっていくと
    脛骨のカーブで指の止まるところにあるのがツボ
    水毒が進んでいる場合、押さえるとかなり痛いので
    ゆっくり優しく押してくださいね!
  • 脇の下や足首のマッサージ&ストレッチも合わせてしてみてください!

 

これらのツボを、
指を使って刺激することで体内の水分の巡りがよくなり、水毒を出す効果が期待できます。

くれぐれも強くしすぎないように”痛気持ちいい”くらい!!!

手や足の裏、腕や様々なところににツボがあります、
日頃からもんだりして刺激するだけでもツボ効果アップです😄

 

寒い冬には意識して体を温めようとします!
では夏はどうでしょう・・・

キンキンに冷えたビール!
アイスクリーム!
冷房ガンガン!
暑いから薄着!

 

この生活を続けていたら
男性の皆さん、あなたの背後にいる
冷えという魔物に襲われてしまいますよ。

そうなると痩せたくても痩せなくなり、
寝ても疲れが取れず、
疲労感が漂う風貌になってしまいますよ!

 

冷えを侮るなかれ!

一筋縄でいかない冷えは
毎日の小さい負の積み重ねが招いた結果です。
見た目年齢も肉体年齢も実際よりも間違いなく老けてしまいます!

何より、未病と呼ばれる、病気の一歩手前の状態が不快ですよ!
不定愁訴・・・とは決別しましょう!

このブログを書いている間、外では爽やかな風が吹いていて
心地がいいです✨
明日からまた、はりきっていきましょう!!!