ブログ

ブログ

お布団の順番?

毛布と羽毛布団はどちらを上にするべきか、

掛け布団の順番に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

正しい順番を間違えると、保温効果が激減してしまいます。

今回は、寒い時期に暖かいお布団で眠れるように、おススメの毛布の使い方をご紹介します。

毛布と羽毛布団は、寒い冬の強い味方です。

でも、使い方を間違えるとあまり暖かく眠れないこともあります。

羽毛布団は体温で温められると膨らんで保温性を発揮します。

ところが、体と羽毛布団の間に毛布があると、羽毛布団が十分に膨らまず、保温性が落ちてしまいます。

ということは、羽毛布団を内側に、その上に毛布を掛けると、暖かく眠ることができます。

また、体の熱は上からだけでなく、下からも逃げていきます。

敷布団の上に毛布を敷いて眠るとそれを防ぐことができ、保温効果が高まります。

ただし、毛布の素材には注意が必要です。

ウールやカシミアなどの動物性の天然素材でできている毛布は、

体から発散される汗を吸い取り発散する働きがあるので、あまり問題になりませんが、

多くの人が使っている

化学繊維の毛布は、吸湿・放散の効果が弱いので、

寝床の中に湿気がたまりやすくなります。

そのため、かえって体の熱を奪ったり、ムレて不快に感じたりすることもあるので

下に敷くのは避けるようにしましょう。

そこで、毛布の代わりにタオルケットの活用で温かさUP!がおススメです♪

タオルケットは夏だけでなく、冬にも活躍します。

上にかける毛布が重い場合には、毛布の代わりにタオルケットを試してみてください。

羽毛布団の上に重い毛布を掛けると、羽毛布団が十分に膨らまず、

保温効果を発揮できません。

そんな時は毛布をやめて、タオルケットを羽毛布団の上にかけましょう。

羽毛布団にたまった熱が逃げるのをタオルケットが防いで、暖かく眠れます。

また、タオルケットを敷布団の上に敷くのも効果的。

タオルケットは吸収性が高いので、汗や湿気を吸い取ってくれます。

さらに、パイル糸には多くの空気が含まれているので、保温力も期待できます。

そして、冬には電気毛布電気敷布を手放せない人もいます。

電気毛布や電気敷布は一晩中つけっぱなしにせず、

眠る1時間ほど前から布団を暖めたら、眠る時にはスイッチを切りましょう。

私たちの体温は、眠っている間に下がり続け、

目覚める少し前に最低となり、

その後、上昇して目が覚めます。

電気毛布や電気敷布をつけたままにしておくと、寝床の中の温度が下がらず、

体温の自然な変化が妨げられます。

そうなると睡眠の質が悪くなるため、目覚めたときに疲労感が残ったりします。

睡眠中の自然な体温の変化を保ち、質の良い睡眠をとるためには、

寝床に入る時に、電気毛布や電気敷布のスイッチを切ることをおススメします。

今年の冬はお布団の心地よいぬくもりに包まれて質の良い睡眠をとりましょう!